★オススメブログ新着情報

最近の記事

2011年09月23日

加護亜依は洗脳されている!? 恋人が釈放され次第、再び彼のもとへ戻る理由

 9月11日に自殺未遂をし、病院に搬送されていた加護亜依。病院に運ばれた当初はいくつもの精神安定剤を服用し、手首を切っていたため、錯乱状態に陥り、病室には彼女の悲鳴が響いていたという。日がたつと落ち着きを取り戻したようで、16日に退院し自身のTwitterで「この度はファンの皆様にご心配をおかけしてしまい、本当にごめんなさい。入院中、皆様からの温かい励ましのメッセージをいただきました。ありがとうございます。そして元気になります!」とファンに無事を伝えていた。退院後は代理人の弁護士知人のもとへと身を寄せているそうだ。



 自殺未遂の一因となったのは、加護の彼氏である安藤陽彦容疑者の逮捕にほかならないだろう。安藤容疑者は知人だった富山県の30代会社役員から、新店舗出店資金という名目で借りた2,000万円の返済を促された際に、暴力団関係者の名を使って脅し、返済を逃れようとしたとして恐喝の罪に問われている。彼自身は「金は借りていないし、暴力団の名前も出していない」と容疑を否認しているが、以前から投資家たちに自らプロデュースするレストランへの投資話や加護復帰の際のもうけ話などを持ちかけ、金をせびっていたと報じられていた。

 今回の安藤容疑者の逮捕の際に現場にいたため赤坂署より事情聴取を受け、あまつさえ覚せい剤使用の嫌疑まで掛けられたという加護。さすがに目が覚め、所属事務所に頭を下げ、事態は収まるのではないかと思われていた。しかし、代理人によると、加護は安藤容疑者が釈放され次第、彼のもとに戻ると話しているという。なぜ加護は安藤容疑者のもとに戻ろうというのだろうか? 



「安藤が加護の"理想"とする芸能活動を行うと約束したのではないでしょうか。加護はアップフロントから解雇され復帰した際に、女優として活躍したいと語っていました。しかし、事務所が持ってくる仕事は地方のパチンコ店の営業くらいしかなく、ついには脱ぎの仕事まで打診されてしまう。そこに安藤はつけ込み、自身が持っている大物芸能関係者とのつながりを使えば、大手事務所からのバックアップを受け、思いのままに活動できると吹き込んだのでしょう。それに安藤が加護を連れて、投資家と会うこともたびたびあったと聞いています。安藤からすると信用を得るための手段だったのでしょうが、彼の話を聞いてお金を出す投資家たちを加護が見ていたとすると、『私はまだまだやれる。仕事を持って来ない事務所が悪い』と思ってしまったのでは」(業界関係者)

 自身もその詐欺の片棒を担がされているのではとウワサされているにもかかわらず、さまざまなアイドルをたぶらかしていたとも報じられている安藤容疑者の巧みな話術に、加護も洗脳されていたのだろうか? また、つけ込まれた理由として元メンバーへの嫉妬もあったのではないかと関係者は語る。



「アイドル時代にともにミニモニ。として活躍していた辻希美は杉浦太陽と、矢口真里は俳優の中村昌也とそれぞれ結婚しました。そして芸能界から身を引くこともなく、辻は2児を持つママドルとして、矢口はバラドルとして活躍中です。しかし、彼女たちにもスキャンダルはありました。辻は『ギャルル』を結成してすぐに杉浦とのできちゃった結婚を発表し、無計画婚とマスコミに糾弾されています。矢口もモー娘。在籍時に小栗旬とのツーショット写真が『フライデー』(講談社)に掲載され、リーダーとして活動していたにもかかわらず、卒業するはめに。しかしそれでも彼女たちは見捨てられることなく芸能界で活躍しています。加護は2010年4月16日に放送された『太田光の私が総理大臣になったら...秘書田中』(日本テレビ系)で、辻の活動に対し『ぶりっ子っていうよりも、いつまでもキラキラしていいと思うんだけど......いつ大人になるんだろう』と彼女のママドルとしての活動を批判するかのようなコメントをしています。『なんであの子は変わっていないのに、私だけうまくいかないのだろうか』との思いがあるのかもしれません」(同)

 どん底から浮上しようとしてもマイナスの面にしか注目しない世間に、自身でもどうしていいのか分からず、甘言にだまされてしまったとみることもできる一連の騒動。トップアイドルとして君臨していた10年前からは想像もつかない人生を歩み続ける加護亜依。彼女の栄光への復帰は安藤のもとを離れることから始まると思うのだが......。


★応援よろしくお願いしますm(__)m★

芸能広場 にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


posted by serena at 06:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 加護亜依 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月14日

加護亜依に覚せい剤使用の嫌疑まで! 安藤容疑者に狙われたアイドルたち

 9月6日、加護亜依と同棲中の飲食店プロデューサーの安藤陽彦容疑者が恐喝未遂で警視庁赤坂署に逮捕され、当日、逮捕現場にいた加護も赤坂署で事情聴取を受けていたことが明らかになっている。赤坂署は加護に安藤容疑者の犯行を知っていたかを聞くこともさることながら、覚せい剤使用疑惑についても事情を聴いていたようだ。自ら選んだ男とは言え、自殺未遂にまで追い込まれた加護にとっては、安藤と付き合っていたばかりに踏んだり蹴ったりだったと言えるだろう。



 その安藤は、加護と同棲する前に、歌手活動休止中の華原朋美と約5年間同棲していたという。その間、華原は薬物中毒で病院に搬送されるという騒動を起こし、所属のプロダクション尾木を解雇されている。去年8月には、もうろうとした状態でタクシーに乗って、新宿署に保護される事件を起こした。この時も安藤に勧められて、ドラッグ中毒になったというウワサが流れていたのだ。

 その後、華原と別れた安藤と同棲するようになった加護。彼女に関しても、彼女の関係者や取材をしたマスコミ関係者が「顔がむくみ始め、目がうつろな状態な時がある」などとの証言をしていたことから、ドラッグ疑惑のウワサが上っていた。警察もそこに目をつけたのだろうが、結果はシロで疑惑は晴れたようだ。もし、クスリに手を染めたとしたら、安藤にだまされただけではすまされない。今度こそ、芸能界から追放されていた。



 華原に続き、加護とも恋人関係になっていた安藤は、グルメリポーターの彦摩呂に似ているところから「彦摩呂」と呼ばれていたらしいが、イケメンでもない中年男の安藤に何で、アイドルたちが次々に引っかかったのか?

 安藤は、周囲からは"アイドルオタク"と言われて、小倉優子や、今年テレビ東京に"コネ入社"したと言われる元モーニング娘。の紺野あさ美にも触手を伸ばしていた。周囲に「小倉とやりてぇ」と言っていた安藤は、小倉が所属のアヴィラから独立したいと思っていること知り、知り合いのアヴィラのグラビアアイドルに仲介を頼み、接近した。安藤の悪友である、"芸能界の実力者"の息子で、大手プロの役員を務めるA氏が面倒を見ることで、一時は話がまとまったが、小倉が所属先を「プラチナム」に乗り換えてしまったことで、本格的に口説かれる前に安藤から逃げたようだ。面白くない安藤は、A氏に頼んでプラチナムにクレームするなど、ひと悶着あったようだ。

  

 紺野に関しては、安藤が「俺の女だ」と周囲に豪語していたという。アイドル事情を知る大手プロ幹部は「いくら知名度があるアイドルでも給料は安い。安藤みたいに小金を持っていて、お小遣いをくれる男に弱いんですよ」と言う。

 安藤は、ある時は自らプロデュースする飲食店の投資話をし、ある時は華原や加護の名前を使って金を借りまくる。その金でアイドルたちを食い物にしていたようだ。加護は一日も早く、目を覚ますべきだろう。

加護亜依さん、男運が悪いようです
★応援よろしくお願いしますm(__)m★

芸能広場 にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


posted by serena at 06:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 加護亜依 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月08日

AV転身? アイドル復帰? 熱愛&移籍報道の加護亜依の今後

 7日発売の「女性自身」(光文社)がタレント、加護亜依の熱愛を報じている。記事によれば、お相手のA氏はレストランオーナーの40代男性で、交際スタートは1年ほど前だという。話はそれだけではなく、こちらの男性は歌手、華原朋美の元カレであり、当時は華原との間にDVをめぐるトラブルがあったというのだ。A氏は否定しているが、昨年の「フライデー」(講談社)で華原は、付き合い始めた直後から暴力を振るわれ、右耳がほとんど聞こえなくなったと語っているから、穏やかではない。

 今回のお相手であるA氏をはじめ、加護ちゃんにはこれまで年上男性との熱愛が目立つ。昨年には若手俳優、ユージとの交際が報じられたものの、過去には父親ほどの年の差である飲食店オーナーの男性や、13歳年上の既婚俳優・水元秀二郎らと交際していた。幼いころに両親の離婚を経験し、女手ひとつで育てられたためにファザコンの気質があるという噂もある。A氏は「女性自身」の取材に対し「今後の進路について相談をうけてきた」と語っており、人生の先輩として加護ちゃんの良き相談相手となっていたようであるが、現在、その"進路"についても騒ぎとなっている。



 本日発売の「日刊スポーツ」では、07年の喫煙騒動以降、面倒を見てくれていた所属事務所と専属契約をめぐってトラブルになっていると報じられた。くだんの男性と交際し始めてから仕事をドタキャンすることもあり、事務所から謹慎させられていたとのこと。これにより記事では"芸能活動危機"とうたっている。

 これを受け、加護ちゃんは7日付でオフィシャルブログに「弁護士を通じて11月に正式に契約を解除しました」との反論を掲載し、円満に契約期間が終了したことを強調したが、熱愛の行方、そして移籍先......と、今後の動向が注目される事態となっている。

 確かに過去の喫煙騒動と合わせ、今回のDV年上彼氏との熱愛&移籍騒動は、芸能人としての彼女の商品価値を一時的に下げることになっている感は否めないが、果たして本当に芸能活動の危機なのか?



 お騒がせ報道は数あれど、今回の騒動に関しては、何も犯罪を犯したという話ではなく、人の道に外れたことをしたわけでもない。元モーニング娘。メンバーというキャリアを持つ彼女には現在でも業界からのニーズがあるはずだ。芸能界の道が閉ざされたというのは早急すぎるのではないだろうか。

 では彼女の今後はどうなるか。可能性のひとつはやはり、セクシー路線への転向だろう。

 09年に発売された『月刊 加護亜依』(新潮社)ではセミヌードを披露しており、すわAV出演か?との報道も当時は散見されている。本人は「月刊サイゾー」6月号のインタビューにおいて、その可能性を一蹴しているが、その手の報道が出ること自体、潜在的なニーズがあることをうかがわせているとも言える。AV関係者いわく、



「AV業界において、やはりロリ顔巨乳は需要が高いです。加護ちゃんは年齢の割にロリ顔で、しかも巨乳。さらに"芸能人"ですから、鉄板とも言えますね。もし本人がその気になってくれれば、いつでもウェルカムなんですけどね」

 もうひとつの大きな可能性は、いまいちど、歌手の道を歩むことだろう。昨年には突如、ジャズシンガーへの転向を目指したものの、歌手としての評価には結び付かない結果となっているが、身の丈にあったジャンルに専念し、ライブハウスで地道に活動を続けることで再起も不可能ではない。かつてミニモニ。で主に小学生から絶大な人気を得ていた彼女のことであるから、客の入りはある程度見込めるだろう。またアイドル路線の歌い手としての可能性を探ってみた場合、元アゲ嬢や雑誌「ニコラ」(新潮社)の元専属モデル、avex所属歌手に元大食い選手権出場者など、非常にバラエティー豊かな顔ぶれが加入したSDNに入るなんてことも......。一見、奇想天外な選択にも見えるかもしれないが、このいわばカオス状態とも取れるSDN48に加入すれば、大きな話題になることはまず間違いないだろう。



 現在のところ"お騒がせ芸能人"というポジションに納まっている印象は否めないが、加護ちゃんはまだ23歳。人生は長く、チャンスはまだまだある。今後の活動方針を決め邁進することで、評価はいくらでも変わっていくはずだ。A氏のDV癖という報道は気に掛かるところではあるものの、自分の信じた男性と、信じた道を突き進んでいってほしいと願うばかりだ。

加護亜依さん、波乱万丈な人生ですね
★応援よろしくお願いしますm(__)m★

芸能広場 にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


posted by serena at 09:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 加護亜依 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ページトップへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。