★オススメブログ新着情報

最近の記事

2011年06月21日

「なにからなにまで恥ずかしかった」森下悠里がエッチに悩む人妻を熱演!

 銀座シネパトスにて青春エッチコメディーの金字塔『ふたりエッチ』(白泉社)の実写版が、6月19日から1週間限定イブニング上映が行われる。それに先駆けて18日、特別上映会が行われ主演を務めるグラビアアイドル森下悠里ちゃんをはじめとする出演者たちが、舞台あいさつに登場した!! 



 原作となったコミックは、累計2,300万部を数え、健全なる青少年なら誰しもが読んだことがあるであろう名作。主人公の小野田真と優良はお互い性体験なく童貞・処女のままお見合い結婚をした夫婦。エロ初心者同士である二人は、初夜を迎えたものの、あまりうまくいかない。そこで二人は「本当の夫婦」を目指してエッチのステップアップを決心し、さまざまな人たちからエッチなアドバイスを受け自分磨きを頑張るというストーリー。



 主演を務めた悠里ちゃんは、今作を知ったのは高校時代だそうで「当時、私はキリスト教系の超厳しい女子高に通っていたので、周りからエッチな情報も入らないし、誰にも聞けませんでした。なので、このマンガをクラスのみんなで熟読していました」と本作の思い出を。女子高生が、『ふたりエッチ』でエッチの勉強している姿を想像すると胸熱ですなぁ。「エッチを考えるマンガ」と銘打たれ連載されている今作、やはり注目はベッドシーンなわけで、その辺いかがだったのでしょうか?

森下「ベッドシーンは、初めてですっごく恥ずかしかったです。それに私はイケメンが苦手で、真役の三浦力さん格好良くてドキドキが止まらず、すごく苦労しました。それに注意しないといろいろ見えちゃうので、大変でした。もうなにからなにまで、とにかく恥ずかしかったです」



 いやいや、こちとらその"いろいろ見えちゃう"のを期待したりもしているわけで。エッチなことを知らない優良さんに手取り足取りさまざまな性技を伝える妹・梨香役を務めたのは、横山美雪ちゃん。

横山「私は、体位の説明をするシーンが恥ずかしかったです。真さん役の三浦さんを使って教えようと乗っかったりもしちゃいました」



 ぜひとも我々にも、実践込みで性の秘技を伝授してもらいたいものです。最後に見どころを聞かれると、

森下「『ふたりエッチ』ファンの方はたくさんおられると思いますけど、今作のいいところはエッチを真面目に楽しく勉強していくという点だと思いますので、今作を見てみなさんもエッチを学んでいただければと。男性はもちろん、女の子でも楽しめる作品になっていますので見に来てください」



横山「私は『ふたりエッチ』を撮影に入る前に読んだら、ちょっと悶々としてしまいました(笑)。でもエッチなだけではなく、笑えるシーンあり、胸がキュンとなる二人の純粋さあふれるシーンがあったり、そしてその二人がだんだん関係が深くなっていくところに、私が演じた梨香の小悪魔スパイスが入っていたりもします。そこに注目してもらいたいですね」

 楽しく正しいエッチが学べる『ふたりエッチ』。男性一人で悶々としながら見るのもいいけど、カップルで鑑賞し、そのまま夜の営みに励んでみてもいいのでは?



森下悠里さんのふたりエッチ、とても気になります
★応援よろしくお願いしますm(__)m★

芸能広場 にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


posted by serena at 11:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 森下悠里 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月01日

Gカップグラビアアイドル森下悠里、胸元ギリギリ衣装で「給料は固定」と嘆く

 グラビアアイドル森下悠里が30日、都内で行われたDVD『人生逆転ゲーム』イベント上映前の囲み取材で、「給料は固定給。本当にきびしい」とグラビア界にも吹荒れる不況を嘆いた。



 本作は、映画『カイジ/人生逆転ゲーム』やテレビ、劇場版共に好調だった『ライアーゲーム』シリーズに続く究極のブレインバトルゲーム。多額の借金を抱えた8人の男女が、借金帳消しのために命がけのゲームに挑戦する様が描かれる。森下はギャンブルとホスト狂いが原因で、借金まみれになってしまう、いわゆる貢ぐ主人公を熱演。



 主人公のように借金まみれになってしまったら「自分で会社を立ち上げて、自分のセクシーな写真を売りまくってお金を貯めます」と演じたキャラクターとは正反対の性格を明かす森下。「貢ぐ派でも貢がれる派でもないですね」とキャラクターとの違いを強調し、「男性からはよく車をもらいそうになるけれど、駐車場とかガソリン代で意外とお金が掛かるので、今の給料では無理」と現実的な一面を覗かせた。反面、同性の友達には30万円もするブランドのバックをプレゼントしてしまうそうだ。



 給料の話になると、「友達にあげたバックより安い。うちは固定給なんで、頑張っても変わらない。グラビアは本当に厳しい」と本音も。「撮影自体がなくて、雑誌とかに掲載されるのは宣伝用の同じような写真ばかり。撮りおろしがない」と男性陣に夢を売るグラビア業界にも、厳しい不況の嵐が吹荒れていると話す。それでも「これからも自分の体を武器にした作品を作って、多くの方に見てもらえれば」と前向きな森下は「35歳まで挑戦していきたい」と宣言。最後は「グラビアの寿命もだいぶ延びていますからね」とぶっちゃけて笑いを誘っていた。



 DVD「人生逆転ゲーム」は8月6日よりレンタル開始

森下悠里さん、よく「車をもらいそう」になるんですね


★応援よろしくお願いしますm(__)m★

芸能広場 にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


posted by serena at 10:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 森下悠里 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ページトップへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。