★オススメブログ新着情報

最近の記事

2010年10月25日

「『Utada the best』は買わないで!」宇多田ヒカルがTwitterで異例の"逆プロモーション"

 今年8月、「人間活動に専念しようと思う」として歌手活動の年内での無期限休止を発表した宇多田ヒカルが、11月に発売される"Utada"としてのベストアルバム『Utada the best』について、Twitter上で「予約を考えている人は、少し待ってください」と発言し、騒然となっている。



 宇多田ヒカルのベストアルバムは、11月24日にEMIから"宇多田ヒカル"名義の『Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2』、ユニバーサルから"Utada"名義の『Utada the best』が同日発売される予定になっている。そのうち、ユニバーサル盤について宇多田は、自身のTwitter上で以下のように発言した。

【送料無料 予約11/24】国2CD> 宇多田ヒカル / Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2(初回仕様)

<Universal Japanから発売が発表された「Utada the best」ですが、私の意志とは全く無関係であり、EMIの宇多田ヒカルのベストと同日に発売をぶつけてきた彼らのやり方にもあまりいい印象を持てません。予約を考えている人は、少し待ってください。>

 自身の"生の声"を発信することで数多くのアーティストがプロモーションに活用しているTwitterだが、アーティスト自身がファンに直接「お金を出させたくない」(原文より)と訴えるのは異例中の異例。一方でEMI盤については"「シングル・コレクションvol2」は、誠意ある作品です"としており、EMIのスタッフも同じくTwitter上で"宇多田ヒカルがツィートしていることがすべてです"と共闘体制を打ち出している。



「宇多田は1998年にEMIから国内デビューしていますが、03年の海外進出にあたってユニバーサル傘下のレコード会社と契約し、以来"宇多田ヒカル"としてはEMI、"Utada"としてはユニバーサルという2重契約の状態が続いていました。今のところ海外ではセールスを残せていないものの、ユニバーサル盤の全編英詞アルバム『EXODUS』は日本国内でミリオンを達成するなど、ユニバーサルにとってもドル箱であることは確かです。今回の宇多田の発言が及ぼす影響は少なくないと思いますよ」(音楽関係者)

 いずれにしろ、宇多田の動向については父親が経営するマネジメント事務所「U3MUSIC」が大きな権限を持っており、今後どのような舵取りをするのか、目が離せない状況が続きそうだ。

宇多田ヒカルさん結構もめているようです

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101025-00000002-rbb-ent
★応援よろしくお願いしますm(__)m★

芸能広場 にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


posted by serena at 16:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 宇多田ヒカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月11日

宇多田ヒカル 事実上の"引退"の裏に米国での失敗と深い苦悩

 宇多田ヒカル(27)が、来年からアーティスト活動を休止することを明らかにした。宇多田はオフィシャルサイト内のブログで、デビューからこれまでのことを振り返り、「アーティスト活動中心の生き方をし始めた15才から、成長の止まっている部分が私の中にあります。それは、人として、とても大事な部分です」と、活動休止の理由を説明した。今年いっぱいアーティストとしての活動を行った後、「人間活動」に専念するという。

 一部スポーツ紙では、宇多田のあまりのワガママさ加減にスタッフが愛想を尽かして離れて行ったこと、最近は情緒不安定な側面が際立っていたことなども報じられているが......。



 一方、宇多田ヒカルの"育ての親"とされているEMIミュージックの三宅彰プロデューサーは、宇多田本人から直接相談を受けたとスポーツ紙の取材に明かしており、いわく「15歳でデビューして一躍脚光を浴びたヒカルは、マクドナルドにも渋谷109にも行けなくなった。そして30歳が見えてきたいま、ふと自分と向き合った時、得たモノは大きかったけれど失ったモノも大きいことをあらためて感じたようです」。

 突然の活動休止宣言にファンは戸惑いを隠せない様子だが、そもそも宇多田は決して、作品を量産するタイプのアーティストではなかった。2009年には配信限定で「Beautiful World -PLANiTb Acoustica Mix-」をリリースしたのみ。08年3月に発売したアルバム「HEART STATION」以降、この2年間目立った活動はなかった。



「いや、実は今年1月から2月にかけて、"Utada"名義で初の海外ツアーを行っています。とはいえ、ハワイとロス、ニューヨーク、シアトル、サンフランシスコなどほとんどが米国内。おまけに箱は1000人前後収容のライブハウスばかりで、決して大がかりなものではなかった。しかもたった1000人の箱なのに観客が集まらなかったと聞いています。その公演を最後に、米国のレコード会社との契約が切れ、新しい契約のオファーもなかった。そうした事情があって、宇多田本人も思い切って休業することを選んだようです」(音楽業界関係者)



 だが、いくら米国での活動が厳しくなったからといって、日本ではまだまだドル箱歌手。800万枚を売り上げた1stアルバムほどの勢いこそないが、これまでリリースされた5枚のアルバムはすべてミリオンヒットを記録しており、国内での人気は衰えていない。これまで通りゆっくりとしたペースで、国内でのびのびと創作活動を続けても良さそうなものだが......。

「昨年3月に発売された書き下ろしの著書『点』(EMIミュージック)で、宇多田は幼少期から奔放な両親に翻弄され続けた結果、自分の内側の世界にこもるようになったことや、元夫である紀里谷和明氏との結婚生活も、いつしか感情を押し殺した苦しいものになってしまったことなどを綴っています。メディア出演の際はいつも明るく、気取らない性格のように見られることも多い宇多田ですが、実際は根暗。音楽で売れて、お金持ちになって、自由に振る舞っているように見えていたかもしれませんが、実は彼女なりに抑圧された日々だったのかもしれません。音楽活動を続ける以上、両親や周囲の人間からのプレッシャーから逃れることもできない。音楽活動から身を引くことで、抑圧された生活から解放されたいということでは。ブログでは『いつかまた戻ってくる』と含みを持たせていますが、事実上の引退宣言ととらえてもいいでしょう」(前同)



 歌姫は、楽曲制作のプレッシャーや周囲との軋轢によって、徐々に疲労を蓄積していたのだろう。7月に更新したブログ記事で、高校の同窓会の案内が来たと記した宇多田。高校卒業からの10年を、次のように振り返っている。

なんかもう、手探りで、好奇心の赴くままあっちこっち迷走して、全然自分を大事にしないで、人と関わり合うってどういうことなのか、周りの人のことを大事にするってどういうことなのか学ばないまま、楽しいこともたくさんしたけど結局無責任で、誰もしかってくれない、仕事はうまく行っても実際は破滅街道まっしぐら・・・みたいな
うお?!それめっちゃ青春やん!!(ち、ちがう?(笑))
ずいぶん長い青春だな(笑)っていうか子どものままだったんだな。

思えば、この時すでに活動休止の意志は固まっていたのかもしれない。

宇多田ヒカルさん、ゆっくり休んで欲しいです

★応援よろしくお願いしますm(__)m★

芸能広場 にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


posted by serena at 16:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 宇多田ヒカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ページトップへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。