★オススメブログ新着情報

最近の記事

2014年03月11日

藤原紀香を目指していた壇蜜 イライラの原因は「イメチェン失敗」

 タレントの壇蜜(33)が自らの「イメチェン戦略」がうまくいかないことを報道陣に八つ当たりした。壇蜜は5日に都内で行われた、みつばち保険「あなたのチクリッ!エピソード」大賞表彰式に登場。イベント終盤の囲み取材で“事件”は起きた。



壇蜜が生脱ぎパンティー投げ封印「もう需要ありません」

 リポーターが「最近、殿方たちから『肌の露出が減った』という意見がありますが?」と軽い話題を振ったところ、表情が一変。「週刊誌とかの部分とテレビの部分を一緒にされても…」と困惑しつつ「露出が減って、ファンが減ってるわけではない」と真っ向から反論し始めた。

 続けて「露出が減って、お仕事が減るというなら自分の実力がないということ。(露出が減ったと言われても)ない袖は振れぬ。寄る年波には勝てませんから」ときっぱり。思わぬ不満噴出に、質問したリポーターも凍りついてしまった。追い打ちをかけるように「ファンも増えていますから」との“てんぐ”ぶりも。突然のブチ切れ劇に報道陣はあっけにとられ、会見も半ば打ち切りのような形で終了した。



 ある芸能関係者は「あまりにも強気でびっくりした。壇蜜のウリは杉本彩さんのように、年齢を増してもセクシーに挑戦するところだった。それが女性からも共感を得ていたのに…。今日のような姿を見せたら、ファンの反感も買いかねない」とあきれる。

 壇蜜が周囲に当たり散らす裏には「イメチェン失敗」があるという。

「壇蜜は杉本彩というより“ポスト藤原紀香”を志向している。だから“エロおもろい”のイメージを早く拭い去りたいのです。でも周囲の目はなかなか変わらない。それにかなりの不満を持っている」(前出関係者)



 ブレークのきっかけになった“パンティー投げ”も今では後悔しているといい「なかなかあのイメージが取れない」とボヤいていたこともあったという。壇蜜も正念場を迎えているようだ。

壇蜜さん、どの様に変わっていくのでしょうか

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140307-00000026-tospoweb-ent
★応援よろしくお願いしますm(__)m★

芸能広場 にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ
タグ:壇蜜


posted by serena at 02:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 壇蜜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月25日

壇蜜、逢沢りなと女同士の初キス!「女子の唇は柔らかい」

 グラビアタレントの壇蜜(33)が、初主演ドラマ『悪夢の六号室』(27日放送、後11:10 ABC※関西ローカル)で、女性同士のキスシーンに初挑戦していることが23日、わかった。キスの相手は女優の逢沢りな(22)。壇蜜は「女子の唇は柔らかい、ということだけはお伝えしたいです」と妖しげに笑った。



 逢沢とのキスシーンについて「ドラマでは私も初めてでしたが、逢沢さんも初めてだったみたいです。お互いに初めましてのあいさつもそこそこに、すぐにキスシーンが始まりました」と振り返った壇蜜。女優としてのキャリアでいえば、逢沢のほうが経験豊富で「私が安心してお願いできた感じですね。逢沢さんに助けられた部分が多かったです」と感謝した。



 一方の逢沢は「ファンの方に叱られそうです。女性同士のキスシーンは初めてでしたが、最初が壇蜜さんとですので自慢するしかないです!」と話した。

 同ドラマは、『悪夢シリーズ』(現8作品)などで注目を集める若手作家・木下半太氏がドラマのために書き下ろした笑いと愛のサスペンスコメディー。壇蜜が演じるのは、夫殺しをフリーの殺し屋に依頼した主婦・鮎子。逢沢は、組の大金を持ち出し、組長の息子と愛の逃避行中のキャバ嬢・琴音。この二人がいったいなぜキスを!? しかも、このキスシーンはハイスピードカメラで撮影するこだわりっぷり。物語上どれほど重要なシーンなのかも注目される。


★応援よろしくお願いしますm(__)m★

芸能広場 にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ


posted by serena at 22:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 壇蜜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ページトップへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。